スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットボール

岩清水梓のプロフェッショナルファール


ドイツ・フランクフルトで
7月17日に行われた女子ワールドカップ決勝で、
アメリカを延長2-2を経て
PK戦3-1で破り、
なでしこジャパン日本代表が
初のワールドカップ優勝を達成した


岩清水梓

「優勝はうれしい。
(退場になった場面は)行くしかないと思っていたが、
与えたFKの場所が相手にとって良い場所だったので、
「入らないで」と、どきどきしながら見守った。」

「みんなすごいなと思った。
クロスボールの対応をしっかりやれば
ある程度やれると思っていた。
相手はそこを狙っていたが、
うまく防げたと思う。」

「失点しても追いつけると信じていた。
常に諦めずに粘り強く闘う気持ちがあって、
それで日本を元気づけられたらという思いがあった。」

「3年間仙台で暮らしていたこともあって、
震災が起こったときには友だちも亡くなったりしているので、
そういう(被災地のためにという)思いは強かったです。
なかなか連絡が取れなかった友だちもいたので、
そのときは安否を確認しあったりしましたが、
大会期間中は応援してくれるメッセージが多かったです」




ちょうど延長も終了
というまさに直前

出された札の色は
無常にも「赤」

ファールを賞賛する事は
正しくない事は重々承知の上で

あのファールは
プロフェッショナルでした

あのファールがなければ
もしかして
1点取られていたかもしれません

FK後に
ごちゃごちゃしたシーンも
ありましたが

FKからは
得点される予感は
しませんでしたね

岩清水梓
さまさまです


優勝後
FIFAは
大会オールスター21人を
選考しました

なでしこからは
以下の4人

海堀あゆみ
宮間あや
澤穂希
大野忍

1チーム21人だから
こんな選考なんでしょうか

男子の大会でも
大会オールスター23人
なんて
ありましたっけ・・・

まぁ
馴染み薄いんで
この選考は
しっくりきませんが

地元ドイツの新聞は
従来通り
ベスト11(イレブン)を
選考しています

なでしこからは
以下の3人

海堀あゆみ
澤穂希
岩清水梓

宮間だって
大野忍だって
選ばれても
決して不思議ではありませんが

大会通しての
岩清水のDF力の評価と
最後のあのワンプレーを
評価したんでしょうね

なんか
選考が
玄人好みっぽくで
ニヤっとさせられますね





スポンサーサイト

タグ: 岩清水梓 澤穂希

フットボール

佐々木則夫監督「ポスト」ザッケローニに浮上

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)で
初優勝した日本女子代表(なでしこジャパン)は19日、
都内のホテルで帰国会見を行った。
会見には佐々木則夫監督、
大会MVPと得点王に輝いた
キャプテンの澤穂希をはじめ全21選手が登壇。
選手は全員が金メダルを掛け、
W杯制覇の喜びを語った。

佐々木監督

「日本の皆さんがなでしこのことを応援してくれているのは
現地ドイツでの報道を通じてよく分かっていました。
勇気と感動を与えることができたと思います。
チーム一体となって選手たちが偉業を成し遂げてくれました。
9月から五輪予選が始まるが、
これに浮かれることなくしっかり足場を固めていきたいと思います。」

「(PK戦前に笑顔が出ていたが)
米国は勝ったと思っていただろうけど、
われわれにとっては天からの恵みみたいな展開になったので、
笑いが止まらなかったんですね。
ギャグをやりたかったぐらいでした(笑)。
熊谷だけ4番手と言ったら顔がひきつっていましたけど。
澤は『わたしは絶対嫌だ』って言ってたんで、
それすらも笑いにしちゃいました。」

「わたしは北京五輪の4位という成績がすごく悔しかった。
次のロンドン五輪でメダルを取ることを目標にしていましたけど、
その前にW杯で取ることができました。
とはいえ、
ロンドンでメダルを取るという目標については変わりません。
ロンドン五輪後にもまた
このような場を設けていただけるようにしたいですね」
(C)JFA




サッカー女子W杯で優勝した
日本代表の佐々木則夫監督(53)

高校時代は
名門帝京高校で主将

現大宮の前身である
NTT関東では
MFやDFとして
1部昇格に貢献

33歳で現役を引退し
その後は指導者の道へ
07年12月に
日本女子代表監督に就任

チームの得点源である澤穂希を
ボランチに下げるという
思い切った決断が
チームを完全に変えたと言わている

坂口と鮫島の
現ポジションへのコンバートも
佐々木監督の
指示だったらしい

最も能力のある澤を
相手の攻撃の芽を摘む
ボランチに下げて

ボールを奪って
すぐさま速攻に移すという
スタイルも確立させた

もちろん
インターセプトから
前線にロングボールを
入れるのではなく

早く正確なパスを回す
なでしこスタイル

今大会の
澤の危機察知能力は
世界一だったといって過言無い

そして
今大会での選手起用も
ことごとく当たった

それは
選手の特徴やコンディションを
誰よりもよく理解していた事に他ならない


さて一方
ここまで一応
順風にきている
ザッケローニジャパン

これからもずっと
無敗という訳には
いかないですよね

無ければ無いで
それに越した事はないけれど
これから2度や3度は
試練が訪れるでしょう

その時
「ポスト」ザッケローニに
佐々木監督の名前が
きっと挙がるでしょうね


【送料無料】なでしこ力





タグ: 佐々木則夫監督 なでしこジャパン

ゴルフ

諸見里しのぶが8連続バーディーの大記録

女子プロゴルフツアー 
スタンレーレディス最終日
東名CCでまた奇跡が起きた。
首位と7打差の27位で出た諸見里しのぶが、
スタートの1番から8連続バーディーの大記録を打ち立てた。




ツアー自体は第1日に
アルバトロスとホールインワンを同時達成した
有村智恵が首位を守り切り
完全優勝

ただ
特別な記録って
伝染するんですかねぇ
諸見里しのぶ

本人いわく
「気がついたらバーディーばかりでした」

1番パー4
残り112ヤードの2打目は
ピン横20センチにつける
いわゆる“OKバーディー”

そこからショット
パットもさえ渡り
7番まで7連続バーディーで
ツアー記録に並んだ

迎えた8番は、
第1日に有村が
アルバトロスを達成した
503ヤードのロングホール

第1打を右のラフに入れるが
残り189ヤードの2打目
ピン右7メートルにつける
スーパーショットで2オン

これを諸見里は
難なく沈め
イーグル締めで
記録を塗り替えた

ハーフで27は
男女ツアー新記録だが

昨年
石川遼が
中日クラウンズ最終日で打ち立てた
12アンダーの58(パー70)

を上回るスコアは
夢に終わり
「遼君超えられたな~」
と残念がったそうですね

一昨年は6勝を挙げ
最終戦まで賞金女王を争った諸見里も
その後
長いスランプ

今季は
5月のヨネックスレディスで
連続予選通過記録が
「79」で止まり

6月のニチレイレディスでも
予選落ち
髪の毛を
20センチカット

迎えた
全米女子オープンでは
予選通過し

トータルは良くなかったものの
復調のきざしを見せ
この日の大記録につなげた

これをきっかけに
今後のツアーの上位争いも
さらに面白くなりそうです

完全復調後には
再び海外にも
チャレンジして欲しいですね







タグ: 諸見里しのぶ


健康補助食品を利用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。